新版 いのちの女たちへ―とり乱しウーマン・リブ論

女性学の基本書/時代を超えて読み継がれる永遠の名著!

新版 いのちの女たちへ―とり乱しウーマン・リブ論
著者:田中美津
定価:3,200円+税
版型:四六版
ページ数:360頁
ISBN978-4-7684-7827-1
発行:㈱パンドラ 発売:㈱現代書館
いのちの女たちへmini
70年代ウーマンリブ運動のカリスマ的存在であった著者による<100年経っても新しい>と、格別の評価を受け続けている伝説的書籍を、文章を全面的に組み直し、新たな<あとがき>を追加。「フェミニズムの名著50選」(2002年/平凡社)に日本の書籍で選ばれた5冊のうちの1冊(ちなみの他の4冊の著者は平塚らいてう、与謝野晶子、高群逸枝、山川菊栄)である。

主要目次
Ⅰリブとは何か Ⅱ個人史 Ⅲ出会いへの模索 Ⅳ子殺しとリブ Ⅴ新左翼とリブ Ⅵ資料
解題:斉藤美奈子(2001年5月)
(収録:文庫本への<解説>邪気いっぱいの「わたし」(1992年3月)・・伊藤比呂美)

上野千鶴子さん推薦
本書は、ほとばしる女性解放への情念で、今でも少しも古びない古典となった!

ご注文は最寄りの書店さんにお願いします。

田中美津さんのインタビューが朝日新聞(2016年10月26日付)に掲載されました。

=========================================
『新版いのちの女たちへ-取り乱しウーマン・リブ論」(パンドラ発行)発売記念トークイベント
相模原事件と私たち~「誰のいのちも大事」と、「役に立たないいのちは要らない」のあいだ~

イベントの模様はこちらからご覧いただけます。