2023年サンダンス映画祭ワールドシネマ部門正式出品、2023年クラクフ映画祭最優秀ソーシャル・イシュー映画賞、2023年ミルウォーキー映画祭審査員特別賞他

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2023上映作品

『わたしの物語』

「ありのままで生きる

原題:Is There Anybody Out There?
監督・出演:エラ・グレンディニング
製作:ナターシャ・ダック/ニッキ・パロット
/リサ・マリー・ルッソ/マーク・トーマス

2023年/イギリス/カラー/87分/ドキュメンタリー
日本版字幕:杉山 緑
宣伝デザイン:loneliness books 潟見陽 
パブリシティ:スリーピン 原田徹
各地域編成協力:ミカタ・エンタテインメント
© HOT PROPERTY ITAOT LIMITED 2023

6月22日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショー‼

イントロダクション

“わたしと同じような脚の人っている──?”

極めてまれな障がいを持つ気鋭の女性監督、
エラ・グレンディニングが
4年にわたり自ら撮影・監督した
類まれなる“セルフ・ポートレイト”ドキュメンタリー

股関節がなく、大腿骨が短い20代のイギリス人映画監督エラ・グレンディニング。「障がい」を意識せず伸び伸びと育てられたが、「自分だけ異質」という感覚がぬぐえない。好奇の目線を無遠慮に投げかけてくるこの世界で、自分を肯定するためには何が必要か?その答えを求め、エラはSNSを通じ‟自分と同じ障がいがある人”を探すことにした。撮影中の予期せぬ妊娠、出産、子育てや、シングルマザーの母への率直な問いかけ、子どもを連れての渡米など、エラが経験する様ざまな出来事や思いが丁寧に綴られる。母となったエラは何を考えるのだろうか?果たして目標は達成できるのだろうか?自分らしい生き方を模索する、4年間に及ぶ旅路を記録したセルフ・ドキュメンタリー!

<障がい者差別(エイブリズム)>が蔓延する世界で
すべての“わたし”に投げかけられる力強いメッセージ

障がいの“治療”のため、大きな手術を何度も受ける子どもたちの姿に直面したエラは、「このままではいけないのだろうか?」と改めて悩む。四肢延長と再建手術の国際的権威、ペイリー医師は「治療すれば」と言う。障がいの“治療”と一体となって存在する〈障がい者差別(エイブリズム)〉に対峙するエラ。その常に前向きであろうとする姿からは、差別に反対する明確なメッセージが受け取れる。翻ってそれは「普通」とは何か、「非障がい者」が優先される社会とは何かを問うものだ。また一方で、今を生きるすべての“わたし”にエールが送られているような深い感動を呼び起こす本作は、サンダンス映画祭をはじめとして各国の映画祭で高い評価を得た。

作品概要

“わたし”が“わたし”を肯定するために
4年間におよぶ “わたし”の物語

股関節がなく、大腿骨が短い20代のエラ・グレンディニング。彼女の障がいは珍しいため、同じ外見の人には出会ったことがない。そこでエラは、SNSを通じて自分と同じ障がいを持つ人を探すことにした。“わたしと同じような脚の人っている?”とfacebookに書き込み。エラは自分と同様、両脚に障がいがある「大人」を見つけることにこだわっている。こうして2018年、エラの‟自分と同じ障がいを持つ人をSNSで探す旅“が始まった。そんなある時、マッチングアプリで出会ったパートナー、スコットとの子を妊娠していることがわかり…シングルマザーとしてエラを育てた母や、親友であり自閉症のナオミ、SNSを通じた“人探し“によって知り合えた、障がいのある仲間たちとの出会いを通して、エラは新しい世界と自分を知っていく。脚を切断し、子どもの「障がい」を「治療」するべきか悩む親たち、「治療すれば人生は劇的に改善される」と言う医者。はたして「わたしのからだ」は「治療」しなければならないのか ?<障がい者差別(エイブリズム)>が根強いこの社会で、エラが自分を肯定するために出した一つの答えとは。

出演/監督

エラ・グレンディニング
Ella Glendining

1992年1月13日生まれ。「本当の障がい者の物語を伝える」ことを信条に活動する脚本家、監督。ドキュメンタリーとフィクションの垣根を超えて活躍。2018年から22年までBFI(British Film Institute/英国映画協会)の障害者スクリーン諮問グループ(Disability Screen Advisory Group)メンバー。スクリーン・インターナショナル(Screen International)による”Stars of Tomorrow 2020”に選出される。これまでに、アーツ・カウンシル・イングランド、ナショナル・パラリンピック・ヘリテージ・トラストなどより数々の支援を受け、短編映画の脚本と監督を手がける。短編映画“Like Sunday”(2017年)では、初脚本・監督・主演。初長編監督作となる『わたしの物語』は、BFI Doc Society、Chicken and Egg Pictures、クリエイティブ・スコットランドの支援を受け製作された。現在、障がい者を主人公とした長編歴史ドラマと、脚本、共同監督、主演も務めた短編コメディ・ドラマ‟Pyramid of Disunion”を製作中。俳優としても活躍している。

コメント

  • 前向きさ、希望と不安を分かち合おうとする姿勢、そしてエイブリズムをストレートに表現した作品。私たちがいまだ、障がいを進んで受け入れるのではなく「治す」べきだとみなしていることを、鋭く論証し、強く心に響きかける。

    Screen Daily

  • 冷静な誠実さと知性で、障がいがある20代の女性としての経験を記録した稀有な作品。

    Guardian

  • 障がい者差別と、他者とのつながりを模索する姿を記録した、親密で愛すべき映画。 障がいの「治療」の必要性に疑問を投げかける。

    Sight and Sound

上映情報

地域 劇場名 公開日 備考
東京都新宿K’s cinema2024/6/22(土)〜
栃木県小山シネマロブレ2024/7/12(金)〜
栃木県宇都宮ヒカリ座2024/8/30(金)〜
愛知県シネマスコーレ【近日公開】

閉じる