『サウラ家の人々』Proyección de sauras

2020年11月21日(土)〜12月4日(金)

新宿K’s cinemaにてロードショー、全国順次公開

【サウラ監督作同時上映予定】『ブニュエル~ソロモン王の秘宝~』『カラスの飼育』『J:ビヨンド・フラメンコ』『フラメンコ・フラメンコ』

監督:フェリックス・ビスカレット/2017年/85分

協力:アイ・ヴィー・シーレスペショウゲート

後援:駐日スペイン大使館
インスティトゥト・セルバンテス東京

Carlos Saura カルロス・サウラ監督について

カルロス・サウラ
(1932年1月スペイン北東部アラゴン州生まれ/現在88歳)

スペインが世界に誇る映画監督。『狩り』(1966年)と『ペパーミント・フラッペ』(1968年)でベルリン国際映画祭最優秀監督賞受賞を皮切りに、『従妹アンヘリカ』(1974年)でカンヌ国際映画祭審査員賞、『カラスの飼育』(1976年)でカンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ、『ママは百歳』(1979年)はアカデミー賞外国語映画賞にノミネート、『急げ、急げ』(1981年)はベルリン国際映画祭金熊賞、と受賞歴多数。1992年バルセロナオリンピックの公式映像のディレクターに。2004年、ヨーロッパ映画賞生涯貢献賞受賞。

LINEUP 上映作品・解説

ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)
最優秀ドキュメンタリー映画賞候補

サン・セバスチャン国際映画祭正式出品

サウラ家の人々

フェリックス・ビスカレット監督作品

監督:フェリックス・ビスカレット

【主な登場人物】
カルロス・サウラ/カルロス・サウラ・メドラノ/アントニオ・サウラ・メドラノ/アンナ・サウラ・ラモン

後援:駐日スペイン大使館
インスティトゥト・セルバンテス東京

2017年/スペイン/カラー/85分/日本語字幕付き
© Una producción Pantalla Partida e Imval Madrid. 2017

スペインが世界に誇る巨匠カルロス・サウラ。『サウラ家の人々』は、今年88歳になる彼と長男アントニオを筆頭にした7人の子どもたちとの交流を撮ったドキュメンタリー映画である。サウラは大好きな絵を描き、写真を撮り、華やかな恋愛遍歴も含めて、子どもたちと驚くほど率直に語り合う。カンヌ、ベルリン、ヴェネツィアの世界三大映画祭での受賞作や候補作多数と、自在に創造に励んだ巨匠は、私生活においても自由奔放だった。最も知られている相手は世界的名優チャプリンの娘、ジェラルディン・チャップリン。息子も授かっている

Theaters 上映情報

地域劇場名公開日電話番号
東京都K's Cinema2020年11月21日(土)~12月4日(金)03-3352-2471
トップへ戻る