傑作カルト(配給作品)

不思議惑星キン・ザ・ザ

fushigi

監督:ゲオルギー・ダネリヤ 音楽:ギア・カンチェリ

1987年リオデジャネイロ国際映画祭グラフィック・コンセプション特別賞
1986年/旧ソ連/カラー/135分/35㎜・DVD

世界カルト映画史に燦然と輝く超脱力SF映画。建築技師マシコフは、「自分は異星人だという男がいる」と学生ゲデバンに声をかけられる。異星人の持っていた<空間移動装置>を押すと、ふたりはキン・ザ・ザ星雲にあるプリュク星にワープ。星の超貴重品であるマッチを利用して、二人は地球に帰ろうと画策。果たして、二人は地球に帰れるのだろうか・・・
●『不思議惑星キン・ザ・ザ』オフィシャルサイト

フルスタリョフ、車を!

furusuta1

監督・脚本:アレクセイ・ゲルマン 撮影:ウラジーミル・イリネ
音楽:アンドレイ・ペトロフ
出演:ニーナ・ルスラノヴァ、ユーリー・ツリロほか
1998年/露・仏共同製作/142分/35㎜
 
スターリン体制下の厳しい現実を生き抜いた人々を、強烈なタッチで活写した群像劇。1953年、スターリン政権下のソ連。不穏な空気が立ちこめている。モスクワの大病院の脳外科医にして赤軍の将軍でもあるクレンスキーは、病院と家庭、愛人宅を行き来する毎日を送っていた。そんな中、スターリンの命令により、KGBがユダヤ人医師の迫害計画である<医師団陰謀事件>を発動する。事態を察したクレンスキーは逃亡するが、捕らえられ強制収容所に送りに。しかし同時に別の陰謀も動いていたため、クレンスキーは釈放され、山奥の別荘に連行される。山荘にいたのは重い病に臥せっているスターリンであった。手遅れであることを悟ったクレンスキーは、スターリンに最後の放屁をさせると、こつ然と姿を消す。10年後、マフィアとなってたくましく生き抜くクレンスキーの姿があった。

UFO少年アブドラジャン

ufo

監督:ズリフィカール・ムサコフ
1992年/ウズベキスタン/カラー/スタンダード/モノラル/88分/35mm・DVD
 
ウズキスタンの農民バザルバイが<惑星αβツェントリオン>から来た少年を、アブドラジャンと名づけ、息子として家に連れ帰ると、奇妙な現象が次々に起こる。長閑な風景に繰り広げられる騒動。チープな手作りSFと村民の姿は、精緻な映画を見慣れた目には新鮮で、温かさと素朴な笑いを呼び起こしてくれる。