児童・ファミリー映画

ベル&セバスチャン

main-min2

Film Belle & Sebastion realise par Nicolas VANIER © Eric TRAVERS

監督:ニコラ・ヴァニエ(『狩人と犬、最後の旅』)
原作:セシル・オーブリー(「アルプスの村の犬と少年」)
出演:フェリックス・ボシュエ/デゥミトリ・ストロージュ(『そして友よ、静かに死ね』)
2013年/フランス/カラー/99分 日本語字幕付
提供:コムストック・グループ

日本では「名犬ジョリィ」としてアニメ化された世界的ベストセラー文学「アルプスの村の犬と少年」を『狩人と犬、最後の旅』のニコラ・ヴァニエ監督が実写化。戦時中のフレンチアルプスを舞台に、野犬のベルと少年セバスチャンが育む固い絆を描いた感動の冒険アドベンチャー。

100人の子供たちが列車を待っている

100children02
監督イグナシオ・アグエロ
1989年ラテンアメリカ映画祭記録映画部門グランプリ/アメリカ映画協会レッドリボン賞/アメリカ映画・ビデオフェスティバル ジョン・グリアソン賞他多数受賞
1988年/チリ映画/カラー/日本語字幕付き/58分/16㎜・DVD
 
チリの首都サンチャゴで暮らす映画を見たこともない貧しい子供たちが、映画づくりを学習していく過程をドキュメントした作品。子供たちは女性教師アリシアから<遊びましょう>と、紙や木で簡単なアニメ装置を作り、映画のプランニング、遠近法、カメラの動きまでを体験する。本作は、一週間に一度、現地の教会で行われたこの教室を記録し、完成後20年を経ても見られ続けている映画作りや情操教育に最適の作品。本作のタイトルの<列車>は映画の祖リュミエール兄弟の「列車の到着」にちなみ付けられている。教職を目指す人必見!